附属中学校創立30周年記念講演会・祝賀会を開催

 1983年(昭和58年)本学園名城政次郎理事長が、たくましい進学校を目指して「沖縄尚学高校」を発足させました。その3年後の1986年(昭和61年)には、沖縄尚学高等学校附属中学校が創立されました。平成28学年度は、30周年の節目にあたります。

これを記念し、去る1月21日(土)、「沖縄尚学高等学校附属中学校創立30周年記念講演会・祝賀会」を開催しました。

cimg0560.JPG cimg0561.JPG cimg0562.jpg

 県内外から、行政、議会、国会議員、企業関係者、教育関係者、同窓生、保護者など、約600人の方々にご出席いただき大変な盛会となりました。

 第1部・記念講演会では、最初に「怖れず、侮らず、気負わず」という演題で名城政次郎理事長が、続いて名城政一郎副理事長が「強くて優しい文武両道のグローバル教養人」という演題で講演しました。

 また、引き続き開催された第2部・記念祝賀会は、来賓祝辞として翁長雄志県知事(名代として嘉手納裕総務部総務統括監)、城間幹子那覇市長(名代として知念覚副市長)、吉田晋日本私立中学高等学校連合会会長、新垣耕卒業生代表に祝辞をいただいた後、安室肇沖縄県私学教育振興会理事長の乾杯のご発声で開宴しました。
本校吹奏楽部、合唱部、空手道部が演奏・出演して祝賀会に花を添えました。

cimg0625.JPG cimg0645.JPG cimg0650.JPG cimg0659.JPG
cimg0660.JPG cimg0662.JPG cimg0665.JPG cimg0674.JPG

 創立30周年を機に、本校はこれからも沖縄・日本・世界の発展に寄与する人材の育成に微力ながら全力を尽くしていく決意を新たにしています。

 皆様には、なお一層のご指導とご協力をお願いいたします。