落語による英語のコミュニケーションワークショップ

2月14日(火)5時より、本校5階講堂にて,中学生対象に英語落語寄席が開催されました。

ESSクラブ(英語クラブ)の部員および英語寄席に興味のある生徒30人あまりが参加しました。

日本全国および外国でも公演活動をなさっている、大阪の「ラフラフ亭」英語落語クラブが主催で、会長の乙野靖子(おとの やすこ)さん(芸名 ちゃめ吉)、宮原寛(みやはら ひろし)さん(芸名 かんた)が、ポピュラーな落語を英語で披露してくださりました。かんたさんは、普段は「起時亭」という英語落語クラブで活動していらっしゃいます。

落語とは何かということからわかりやすく説明してくださり、落語鑑賞の後には、落語独特のしぐさを指導してもらいながら実際に英語落語を体験するワークショップもありました。
参加生徒のほとんどは、落語鑑賞自体初めてでしたが、表情豊かな落語家のパフォーマンスとわかりやすい英語でリズムよく進む話を、笑いのツボもちゃんと押さえて楽しむことができました。


rakugo11.jpg
workshop rakugo3.jpg

高校生の比嘉さんは、英語でプレゼンテーションをするので、その勉強にきたということで、終わった後も、かんたさんにいろいろ質問をしていました。

かんたさんに質問する高校生


参加した皆さん
最後に参加者全員で記念撮影