賀数仁然氏の教育講演会を開催(6/16)

沖縄尚学校第3期卒業生で、琉球・沖縄の歴史文化を様々なメディアを通して発信している賀数仁然さんを講師に招き、教育講演会を開催しました。

賀数さんは、有限会社FEC(芸能プロダクション)に文化事業部設立し、ツアー企画、観光ガイド業に携わる傍ら、琉球王国の歴史文化とエンターテイメントを融合させ、ラジオのレギュラー番組などで発信する斬新なスタイルで知られています。

最近では、尚巴志(15世紀に三山を統一した琉球王朝の開祖)を描いた連続TV番組「尚巴志」の時代考証を担当し、自らも出演するなど活躍中です。

賀数さんが本校に入学したのは、名城政次郎理事長が、新しい学校として本校をスタートさせた2年後。
激動の時代に高校生活を送りました。本校在学中の数々のエピソード、その後の予備校(尚学院)時代、早稲田大学・大学院時代、社会人になって以降の様々な体験談から、在校生に「自分自身の中に可能性を見出すこと」「様々な体験と学びから、自分自身が打ち込んでいける道を見出していくこと」の大切さを語りかけました。
また、琉球の歴史に関する知られざる史実、興味深いトピックなどを、独特の話術でお話しされました。

講演会には、高校1,2年生の全生徒が出席。賀数さんの講演に、時には笑い、時にはうなずきながら、熱心に聞き入っていました。