韓国人中高校生による日本語弁論大会を本校で開催

韓国の中高校生による「第4回 日本語弁論大会 in Okinawa Japan」が、7月20日(木)午後、本校で開催されました。この大会は、韓日経済文化協会(イム・ヨンホ会長)が主催するもので、本校でこの大会を開催することで、韓国の中高校生と本校生徒との交流を図り、両国の若者同士の理解と親交を深めることを目的としたものです。弁士となった10人の中高校生は今回の大会参加のために韓国から来沖。「これからの日韓関係」をテーマに若者の視点でスピーチし、日頃の日本語学習の成果を一生懸命に発揮してくれました。大会終了後は、本校生徒によるアトラクションの披露、双方の学生が自由にコミュニケーションを図るアイスブレイクタイムや街中散策を通して、お互いの理解とかけがえのない友情を育む有意義な時間となりました。

弁論大会の審査結果は以下の通りでした。

1 位  イム・ヤンジュ(高2) 「日本が大好き」

2 位  ソ・ドンミン(高1)  「韓国と日本の未来」

3 位  パク・ソンヒ(高3)  「和睦した未来を準備しよう」

特別賞 ノ・ハヌル(中3)   「青少年が未来の主人公」

奨励賞 イ・イェジン(中2)  「日本の優秀性」