林芳正文部科学大臣が特別講話

林芳正文部科学大臣が本校を訪問し、高校1・2年生を対象に特別講話を行いました。
林大臣は、ご自身の高校・大学在学中の経験や、商社勤務時の海外での経験を紹介しながら、視野を広げることの大切さについて話されました。
自分の在住する地域のみならず他地域、特に海外に目を向けることで、物事を多角的に、また自分自身の常識や先入観に拘束されずに見て行くことが大切であることを強調されました。また、読書を通して新しい知識との出会いを探求していく姿勢、決まった答えのない問題を、体験や知識を使いながら探求していく姿勢も強調されました。

講話を聴いた生徒たちにとっては、本校が掲げる「強くて優しい文武両両道のグローバル教養人の基礎づくり」という教育目標を後押しするずばらしい学びの機会となりました。


林芳正大臣講話1 林大臣特別講話