平成29年度宜野湾市中学生ストーリーコンテスト一年生の部2年連続1位!

宜野湾市教育委員会主催のコンテストが10月30日(月)に開催されました。今年度は1位に小林敬文君が入賞し、さらに2位にも名嘉千晴さんが入賞という2年連続すばらしい成績を残してくれました。

入賞した生徒はどちらも留学の経験はなく入学して半年あまりですが、大舞台での堂々とした姿は沖尚魂の「怖れず、侮らず、気負わず」の精神が見事に発揮されたパフォーマンスでした。

本学園では入学当初からMELS(Miraculous English Learning System)というオリジナルの英語学習システムを導入し4技能(Listening/Speaking/Writing/Reading)を駆使した英語教育を行っています。初めはコンテストへの参加も躊躇していましたが、外国人講師や先生方の激励もあって宜野湾市在住者のみ出場できるチャンスをものにし、部活動とも両立しながら放課後を利用して真剣に練習に励んできました。また二年生の部には沖山寿幸君と大濱美紅さんも出場し健闘してくれました。

「目標をもってベストを尽くす」ことで、躊躇していた自分ができるようになった体験は自分を成長させてくれる貴重な宝物です。入賞した二人は来年の夏に米国短期留学の派遣が決まっています。沖尚生の皆さん、いろいろなことにチャレンジして学校生活をより豊かなものにしていきましょう。