沖縄尚学高校・校内空手演武大会を開催

 12月13日(水)、高校の校内空手演武大会を沖縄県立武道館で開催しました。

本校では「強くて優しい文武両道のグローバル教養人の基礎づくり」の一環として、沖縄空手を必須化しています。2007年にスタートした空手教育は今年で11年目に入りました。

今では、在籍する高校生だけでも有段者が610名に達する(平成29年3月末現在)など、本校生徒には沖縄空手を通した「文化力」がしっかりと身についてきました。

 今年で2回目となった高校の校内空手演武大会は、沖縄県空手道連盟の全面的なご協力の下、非常にレベルの高い大会となりました。

流派別団体戦、クラス対抗戦、個人戦(男女)、個人戦(1年未満の生徒)の各部門(形)で、日ごろ鍛えた技術と精神力が随所に垣間見られました。

 会場には駆けつけた、多くの保護者や関係者も生徒たちのすばらしい演武の連続に魅了され、感動の拍手を送り続けました。

会場いっぱいに広がる緊迫感
会場いっぱいに広がる緊迫感
クラス対抗戦の様子
クラス対抗戦の様子
体育コース生徒の迫力ある演武
体育コース生徒の迫力ある演武