盈進中学との交流会を開催

 1月29日(月)、修学旅行で来沖中の盈進中学校2年生と本校の中学2年生が交流会を行いました。
盈進中学校・高等学校は広島県福山市にある私立の中高一貫校で、本校の国内では初めての教育協定校です。 2008年に交流を始め、今年で10回目を数えました。

 交流会では、盈進中の生徒が三線の演奏や広島カープの「カープ音頭」を披露しました。

 本校生徒は、三線・琉球舞踊・管弦アンサンブル、ダンスなどの出し物を披露し、大盛況となりました。生徒達は事前の取り組みで、お互いのメッセージカードを交換しており、交流会が始まるとすぐに打ちとけていました。

 本校生徒会長の山内昌治君の「『いちゃりば ちょーでー』『出逢えば皆兄弟』の言葉の通り、今回の出逢いを大切に、お互いに切磋琢磨して頑張っていきましょう。」というメッセージで締めくくりました。大変有意義な交流会となりました。

全員で仲良く記念撮影
全員で仲良く記念撮影
盈進生によるカープ音頭
盈進生によるカープ音頭
沖尚生による空手演武
沖尚生による空手演武
沖尚生による三線と琴の演奏
沖尚生による三線と琴の演奏