学年ごとの保護者進路学習会を開催

 本校では毎年3月、保護者の皆様に1年間の学校教育の成果を報告し、次年度に向けた学校および学年ごとの教育目標を共有するために、保護者進路学習会を開催しています。

 3月2日(金)、今年の保護者進路学習会の1番目として、高校1年生の保護者対象の学習会を開催しました。
 

 学年主任からの報告では、学習面では模擬試験の成績が中学1年以来、順調に伸び続けており、本校の過年度と比較しても過去最高の成績で推移していること、
また沖縄空手、英検、異文化体験、ボランティアの各項目においても目標を大きく上回る成果が出ていることが報告されました。

 その後、進路指導主任から、大学入試に関する情報を提供し、
名城政一郎副理事長からは、本校のグローバル教育の成果として米国の大学との高大連携協定について、すなわち沖尚生として校内での取り組み項目にしっかり取り組み、一定以上の平均評定および英検級位(準1級以上)があればTOEFL免除で米国の協定大学への合格が保証されること。実際、協定締結直後の高3生からも、アイダホ州立大学に15名が受験し全員が合格(うち3人は条件付き)したこと。などが報告されました。
 

 全体報告会の後は、各ホームルームクラスに分かれ、クラス担任から1年間のクラスでの学校生活の報告(スライドショーや生徒による体験報告など)、質疑応答などが行われました。

 学習会に参加した200人近くの保護者は、真剣かつ和やかな面持ちで聞き入っていました。学校、保護者、生徒の三者が価値観を共有し、教育目標に向かって全力で「やり切り」「出し切る」体制づくりのためのよい機会になりました。

 なお、学年ごとの報告会は、3月6日(火)に中学2年、7日(水)に中学1年、8日(木)に高校2年、20日(火)に中学3年の保護者を対象に開催されます。

保護者進路学習会
保護者進路学習会