上海短期留学プログラムを開催しました

 今年度から、沖縄尚学の異文化交流プログラムに中国上海での研修プログラムが新しく加わりました。

沖縄尚学では、オーストラリア、アメリカ、台湾、インドネシア、フィンランド、ブラジルなどの協定校への生徒送り出し、これらの協定校の生徒を本校へ受け入れる「短期留学プログラム」や、米国ミネソタ州の協定大学での短期語学研修、米国・カナダ・フィンランドなどの高校への1年留学、沖縄県内にESL講師を招いてのESLキャンプなど、多数の留学・異文化交流プログラムを行っています。

本校の生徒たちは、これらのプログラムを通してコミュニケーション力や異文化対応力をさらに高め、また、これまでに習得してきた文化力や倫理感を異文化の人々との交流の中で実践していきます。その結果、本校の生徒は、世界中どこに行っても、どのような場面に遭遇しても「どうにかする力」と「信頼される力」を育んでいくことができます。

 第1回目となった「上海短期研修プログラムは」2018年3月17日(土)から30日(金)にかけて実施され、13名の中高校生が参加しました。
プログラムでは午前中は中国語の基礎講座に参加し、午後は中国の弦楽器に触れたり、民族衣装を体験したり、中国料理(小龍包)づくりを行ったりと、様々な異文化体験をすることができました。休日はホームビジットに出向き、現地の人々の生活を直接体験し、また、上海市内を観光して上海の歴史や文化に触れました。また、沖縄県上海事務所を訪問し、沖縄と上海との繋がりについても学ぶ機会がありました。

 今回が始めての開催となった「上海短期研修プログラム」でしたが、すばらしく充実した内容で参加した生徒たちは、様々な体験と学びにとても満足し、充実した様子でした。今回のプログラムに参加した生徒たちは、プログラムを通じて学び、体験したことを、これからの学校生活に必ず活かしていけるものと期待しています。

語学研修
語学研修
交流会での空手発表
交流会での空手発表
交流会の様子
交流会の様子