韓国高校生による「日本語弁論大会in沖縄」を本校で開催

 韓国で日本語を学ぶ高校生たちが沖縄を訪れ、日ごろ鍛えた日本語を披露する「第5回日本語弁論大会in Okinawa」が7月24日(火)午後、本校で開催されました。

韓国の高校生10名が参加し、熱弁を披露しました。この大会は、韓日経済文化交流会、韓日経済文化交流会・沖縄が主催し、本校が共催、那覇市、那覇商工会議所、那覇南ロータリークラブが後援して開催されたもの。10名の弁士は、緊張の面持ち、しかし堂々とした態度で韓日両国の親善友好をテーマにした日本語スピーチを披露しました。終了後は、沖縄尚学の高校生たちと、おやつを撮みながら、自由歓談の交流タイム。さらに、その後は国際通りへ繰り出し、沖縄尚学の生徒たちが韓国の学生たちを那覇の街中散策に案内し、一緒におしゃべりをしたり、買い物をしたり、飲食店で沖縄のスイーツを堪能したりと、思い思いに時間を共有しました。

 短い時間でしたが、韓国の学生と沖縄尚学の学生たちが、民族や言語、国境の壁を越えた友情を培う絶好の機会となりました。

韓国からのご一行を本校で歓迎
韓国からのご一行を本校で歓迎
日本語で熱弁をふるう弁士
日本語で熱弁をふるう弁士
表彰式を終えて
表彰式を終えて
大会終了後は沖尚生とテーブルを囲んで自由歓談
大会終了後は沖尚生とテーブルを囲んで自由歓談
沖尚生が街中散策のガイド
沖尚生が街中散策のガイド