カデナ・クバサキハイスクールと本校女子バレーボール部の交流試合

 11月25日(日)カデナハイスクール、クバサキハイスクールの両校で結成された女子バレーボールのクラブチームと本校女子バレーボール部が交流試合を行いました。

 クラブチームは、年に何度も海外への遠征試合に行っている強豪チームです。
 チームが新体制になったばかりということで、まだチーム育成中と思いきや、様々な方向から炸裂したスパイクに本校女子バレー部は圧倒されました。

しかし本校の部員も、キレのあるサーブや相手の強打に好レシーブで応戦するなど、試合は大いに盛り上がりました。

 クラブチームは初めの挨拶と終わりの挨拶(様子を写真掲載)を日本語で行うなど、積極的かつ好意的な礼儀姿勢が際立っていました。

カデナハイスクール、クバサキハイスクールと本校の生徒たちにとってお互いの成長に繋がる交流試合となりました。