教育システム

習得目標

すべての授業で習得目標を明示することにより、授業ごとの目的意識を高め、理解度をしっかりとチェックできます。教師も生徒も時間内に習得しなければならない学習項目を確認しながら授業を進めることにより、すべての授業を完全習得の「学習時間」に変えます。

定期試験・模擬試験

定期試験は習得目標から出題されます。授業中の小テストから定期試験まで一貫して習得目標をチェックすることにより、大学入試に必要な基礎学力の完全定着を図ります。また、自分の学力と志望大学への合格可能性を正確に確認するために、定期的に全国レベルの模擬試験を実施します。

協同学習

生徒どうしが教えあい、学びあう協同学習を適宜実施します。教えあい、学びあいの中で学習した内容の理解力をさらに高めます。また、友人との絆を強め、チームとして学習する姿勢を育みます。

マイ・パーソナル・レコード

マイ・パーソナル・レコード翌日やるべきこことを一時間単位で計画し、それを実行できたかを毎日自分で評価するための日誌が「マイパーソナルレコード」です。人間力の第一の要素「やるべきことは、つらいことであっても、それを楽しみに変える気構えで積極的に取り組む姿勢」の育成に役立てることをねらいとしています。それは人に見てもらうためのものではなく、自分のための評価です。生徒たち日々はやるべきことをこなしていく中で喜びを実感していきます。「計画、実行、確認」というサイクルを取ることで、常に自分自身の学習状況を意識しながら取り組むことが可能。計画の進行状況に合わせて軌道修正を行いながら、定期テストあるいは弱点克服といった長期的な目標達成を目指していきます。

シラバス

マイ・パーソナル・レコードによる日々の学習計画を、より効率的にするために作成されています。授業の進度や学習項目、習得目標が簡潔にまとめられています。予習の際には目標を定めて勉強でき、復習の際には各単元を習得できたか確認できるようになっています。