高3生対象 セルフマネジメント講座を開催

2019.06.12

高3生対象 セルフマネジメント講座を開催

本校は、「自己実現力」と「社会貢献力」=グローバル人間力を育むという普遍的教育目的、「平和で秩序あるグローバル社会のルールづくりに寄与するグローバル教養人づくり」という使命の下、様々な教育目標に取り組んでいます。中でも、名城政一郎副理事長(博士【教育】)が理論と実践を基に理論化したシチズンシップ教育は本校のグローバル化教育を象徴するプログラムです。シチズンシップとは、世界中どこに行っても大人と見なされるための要件(名城政一郎副理事長)です。名城副理事長は、この講座を、大学の非常勤講師として担当しています。本校においても、中1から高3、それぞれの発達段階にあわせた形で、学年ごとのカリキュラムの一環として行っています。

6月10日、12日の両日、高校3年生を対象に、シチズンシップ講座の一環として、名城政一郎副理事長(博士【教育】)によるセルフマネジメント講座を開催しました。大学受験に向けた勉強のプロセスで、セルフマネジメント、すなわち「自己実現力」と「社会貢献力」を磨いていくことの大切さ、知・徳・体の3要素の中から自分の得意領域を見つけ、職業選び、学部選び、大学選びに繋げることの大切さ、また、自分が属する社会への帰属意識、すなわち「公」の意識を持つことの大切さなどについて学びました。

高校3年生には、受験勉強の最中にあって、自分自身の姿勢や方向性を客観視し、セルフマネジメントをしっかり行うことで、グローバル人間力を育むという決意を新たにする機会となりました。

前の記事 INDEX