短期交換留学(REP)体験談

カーターREP(Reciprocal Exchange Program)に参加して

高校2年 仲松 夏美

真私は、ぜひアメリカでの学校生活や家庭生活を体験してみたいと思い、このプログラムに参加しました。
ホームステイ先の家族はとても優しくて、コミュニケーションの時も私わかりやすいように、ゆっくり話しかけてくれました。また、兄弟たちとも一緒にゲームや、様々な遊びを通して仲良くなることができました。とても嬉しかったし、快適な家庭生活でした。
また、カーター高校の生徒も皆フレンドリーでした。多くの生徒が、気軽に話しかけてくれ、とても親切でした。また、カーター高校には外国から留学に来ている生徒がたくさんいましたが、彼らとも友達になることができました。
しかし、日本では当たり前だと思っていたことが、アメリカでは当たり前ではないこともあり、異文化体験とはこういうものだと驚かされることがたくさんありました。私はこのプログラムで沖縄では経験できないことをたくさん経験することができました。一生の思い出に残る貴重な3週間を過ごすことができました。

カーターREP(Reciprocal Exchange Program)に参加して

高校2年 上間亜利沙

私がREPに参加して得たもの。それは、沖縄での普段の生活では体験でき様々な体験をし、一生の思い出を得られたことです。3週間のプログラムは本当にあっという間で、私にとって夢のような日々でした。
ミネソタ滞在中は、毎日カーター高校に通い、そこの生徒たちと一緒に授業を受けることができました。私にとって、それはとても刺激的な経験でした。やはり、英語でのコミュニケーションは楽ではありませんでしたが、だんだんと慣れてきました。それまでは、英語を話すときには緊張して、なかなか思うように話せなかったのが、アメリカで生活するうちに、自分の主張や感想を少しですが伝えられるようになりました。英語力も成長することができてうれしかったです。
また、ホストファミリーとも充実した日々を過ごすことができました。実際に家庭で生活することによって、アメリカの文化や生活スタイルを知ることができてよかったです。家族や友達ともとても仲良くなれました。今回の経験をいかし、これからも英語を一生懸命に学びたい、留学したい、という思いがますます強くなりました。

台湾REP(Reciprocal Exchange Program)へ参加して

玉城 敦子(高校2年)

私の台湾REPの思い出、それは「とにかく楽しくて充実していた」ということです。毎日の様々な交流活動を通して異文化に触れ、日本との類似点や相違点に感動したり、驚いたりと、それまでの自分自身の価値観がだんだん変わっていくことに気づきました。
同時に、コミュニケーション手段としての英語の重要性を思い知らされました。出発前は、自分の英語力でもどうにかなるだろうと思っていました。しかし、いざコミュニケーションの段階になると、思うように話せません。ジェスチャーを交えながら、時間をかけてゆっくりとコミュニケーションすることにより、台湾の生徒との交流を楽しむことができました。それに対して台湾の生徒たちのコミュニケーション能力の高さ。これにはすごく驚きました。私にも、もっと英語力があれば十分に自分の意志を伝えられたはずだと、後悔しました。もっと英語力をしっかりと磨き、もう一度台湾に行ってみたいです。

苦痛から感謝へ

嘉陽 亜裕美

私は最初、REPプログラムを軽い気持ちで申し込み、「思い出づくり」ぐらいの気持ちでしか考えていませんでした。しかし、参加してみるとすごく、学ぶべき点が多く、私にとって大切な経験になり、視野を広げることができました。最初は、現地に日本人が少なく、不安でいっぱいになりました。最初の一週間は、学校の授業の形態や、文化の違いにとまどってばかりで、言葉が通じないことに苦痛を覚えました。そんな私を見てか、いろんな人が、フレンドリーに話しかけてきてくれて、自然とうちとけていくことができ、、英語になれてきたように感じました。会話もだんだんと増えていきましたが、聞き取ることよりも、話すことのほうがむずかしく、くやしい思いも多く経験しました。そんな日々をすごしているうちに、3週間という日はあっという間に過ぎていきました。帰るときには、この経験から得たものがたくさんあり、参加させてくれた親への感謝の気持ちでいっぱいでした。もし、もう一度、REPプログラムに参加するかと問われたら、私は迷わず「参加する」と答えるでしょう。

コミュニケーションを通じて

岸本 有紀子

中学生のころから、ホームステイをしてみたいと思っていました。沖尚のREPプログラムを知って、ホームステイを体験できる良い機会だと思い、参加しました。現地のカーター高校は、いろいろな国から留学生が来ていて、なじみやすく先生方も生徒もとてもフレンドリーでした。「こんにちは」とよくあいさつされてうれしかったです!! 授業内容は、あまり理解できなかった部分もあるけど、日本とアメリカの学校の違いを多く発見することができました。
ホームステイ先の家族は、6時に晩御飯、9時に消灯と生活習慣がまったく違いびっくりしました。また、私のホストファミリーは、しゃべるのがとても早くて、何回も聞き直さないといけなかったりして大変でした。上手くコミュニケーションをとれるように食事のときもずっと辞書を持っていました。外に連れていってもらえる機会も多くはなかったけれど、ホストの子どもたちとビデオを見たり、雪だるまを作ったり、雪合戦をして楽しかったです。自分の思っていることが英語で言えなかったり、発音が悪くて上手く伝えることができなかったりと楽しい思い出ばかりではなく、くやしい思いもしましたが、また行きたいと思えるような、経験もたくさんすることができました。