国際文化科学コース

コースの目標

真の国際人に

日本人としての文化的素地と世界に通用する論理的思考力を兼ね備え、グローバル化の進む日本及び国際社会の文系・理系の様々な分野で活躍できる人材の育成(ビジネス・法曹・会計・教育・自然科学・工学・医学・文化・芸術・研究など)を目指しています。また沖縄文化の象徴とも言える三線、空手などを特別授業を通して学び、海外で自分自身のアイデンティティを自信を持って表現できる人材育成を目指します。

コースの特徴

他コースとの共通授業に加え、アメリカのほとんどの大学が海外からの留学生に受験を義務付けているTOEFL(外国語としての英語力テスト)など、日本人がアメリカの大学に進学するための対策をおこないます。英語に加え、数学、理科などの授業の一部は、米国人講師が担当し、アメリカの高校の教科書を副教材として使用して、英語で講義します。本校在学中に米国への留学制度も活用できます。
進学先についても、各個人にあった大学を選択できるように指導します。なお、本校は、現在、米国の3つの大学と教育協定を結び、フロリダ州のロリンズ大学 (1885年創立)、ミソネタ州のSt.ジョンズ大学(1875年創立)、St.ベネディクト大学(1887年創立)、St.メアリーズ大学(1912年創立)、ミネソタ州立大学(1851年創立)の5つの大学に推薦入学が可能です。いずれも伝統のあるリベラル・アーツ・カレッジで、少人数教育と安心できる教育環境を特徴としています。

真の国際人に

  • 英語を使った授業の実施(英語、数学、理科、社会など)
  • TOEFL/SAT/英検対策
  • 異文化理解のための特別講座(三線、空手、書道)
  • 高校生のための充実した留学制度
  • 奨学金付米国教育協定校への進学
  • 多数の外国人講師
  • 全教員が海外留学経験者
  • 国際会議での発表経験のある教員
  • 国際協力の経験のある教員

英語でディスカッション

世界地図

英語新聞

海外留学と教育協定校

海外からの留学生と会話

米国(4大学・2短大・4高校)、オーストラリア(5高校)、台湾(3高校)、ブラジル(1高校)と教育協定を結び(詳しくは「教育協定校 」、「年間留学 」、「短期留学 」を参照)、国際文化科学コースで習得した英語力を海外で試す様々な機会が用意されています。