台風時の休校・登校

台風時の休校・登校の判断について

暴風警報、暴風特別警報および大雨特別警報(以下、「暴風(特別)警報」)発令に伴う臨時休校措置は、以下の基準で決定します。
この休校措置の基準は沖縄県教育庁の通知に準じ、本校で決定したものです。
台風時には、各家庭からの電話問い合わせが殺到し、対応に苦慮しています。
休校・登校に関する電話問い合わせは、原則としてご遠慮いただきますようお願いします。
台風時に、臨時休校になるか登校になるかの判断は、以下の基準に沿って各家庭で判断して下さいますようお願いします。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

1.暴風警報発令時の臨時休校について

暴風(特別)警報が発令されている間は、学校は臨時休校となります。

午前5時30分時点で暴風(特別)警報が発令している場合、学校は午前中臨時休校となります。さらに午前11時の時点で暴風(特別)警報が解除されていない場合、終日休校となります。ただし、午前11時までに暴風(特別)警報が解除され、路線バスの運行が再開された場合には、午後から授業を開始します。そのため、暴風(特別)警報解除後にすみやかに登校できるよう、準備しておいて下さい。

授業の開始時間の目安は以下の通りです。交通機関の混乱が予想されますので出欠・遅刻の取り扱いには柔軟に対応します。
5:30~11:00の間に解除され、かつ路線バスの運行が再開された場合⇒原則として、4校時(13:40)より授業を開始しますので、午後1時30分までに登校してください。中学の学校給食はありませんので、昼食を済ませてから登校してください。
11:00以降に解除された場合⇒1日中臨時休校となり、午後の授業はありません。
午前中授業(土曜日または特別授業期間中)の場合⇒午前5時半までに解除されない場合には、学校バスが運行できないため、1日臨時休校。

※テレビ・ラジオで公立学校が臨時休校との報道がされた場合は、本校も臨時休校になります。ただし、土曜登校日や夏休み期間中は「公立学校は臨時休校」との報道はされませんので、テレビ・ラジオの台風情報にご注意の上、登校・休校の判断をしてください。
※暴風(特別)警報が解除されても路線バスの運行が再開されない場合があります。授業開始の目安は①暴風警報の解除、②路線バスの運行再開、の両方の条件が満たされている場合となります。

2.学校バスについて

午前5時半時点(バスが学校を出発する時間)で暴風(特別)警報が発令されている場合は運休となります。その後、警報が解除になり登校の必要が出た場合は、バスの迎えが間に合いませんので、原則として登校時の交通手段は各家庭で確保してください。

それ以降の時間に暴風(特別)警報が発令された場合は、発令の時点で学校バスは運休になりますが、すでに生徒が乗車している場合は、乗車地まで送り届けます。

学校到着後に暴風(特別)警報が発令された場合は、乗車地まで送り届けることはできません。原則として帰 路時の交通手段は各家庭で確保してください。

生徒の帰宅予想時間までに路線バスの運行が停止する可能性がある場合は、午後コース便(那覇市内循環コース)または乗車地までの帰路便を運行する場合があります。その時の状況に応じて判断します。

3.台風時および特別警報発令時の休校・登校の判断について【補足】

休校・登校の判断の原則は「午前5時30分時点で暴風(特別)警報が発令している場合、学校は午前中臨時休校。さらに午前11時の時点で暴風(特別)警報が解除されていない場合、終日休校」ですが、気象台の情報をもとに、台風が接近中であり今後風が強くなることが予見され午前11時までに暴風警報が発令される可能性が高い場合、午前5時30分時点で暴風警報が発令されていない場合でも生徒の安全を最優先し事前に臨時休校の判断を下します。