グローバル・シティズンシップ教育

沖縄尚学の主権者教育グローバル・シティズンシップ教育

名城 政一郎

尚学学園副理事長
沖縄尚学高等学校附属中学校 校長
沖縄尚学高等学校 副校長
博士(教育)

日本だけでなく世界で認められる「大人」になる

世界の多くの国と同様、日本でも、2016年から、選挙権年齢が18歳に引き下げられました。つまり、18歳までに、地域や国、世界の課題について判断できる知識と知恵を学ばなければならない、あるいは、現在の代議制民主主義を前提とすると、どのような人(=政治家)に自分の判断を委任すべきかを学ばなければならなくなったといってもいいでしょう。
18歳というとそのほとんどが高校3年生です。ですから、遅くとも、高校3年になるまでには、主権者としての意識を持ち、どのように考え、行動するかを学んでおく必要があります。主権者となるために必要な意識、知識、知恵を学ぶのが「主権者教育」です。しかも、グローバル化の進展を考えると、これからの「大人」は、日本だけでなく「世界で」大人として通用する資質を身に着けておく必要があります。
沖縄尚学が目指す「グローバル教養人(educated global citizens)」は「世界で教養人とみなされる人」を意味しますが、これは「グローバル・シティズンシップ(global citizenship)」という考え方を基礎としています。

グローバル・シティズンシップとは、「世界で大人とみなされる資質」(名城政一郎)のことです。
本校では、シティズンシップ研究の成果をふまえ、「4つの帰属意識(ローカル・ナショナル・リージョナル・グローバル)」「責任感」「政治参加の意欲」「批判的思考力」「公正を求める姿勢」を、世界で認められる大人の資質とみなしています。「帰属意識」だけ「ローカル」から「グローバル」までの4つの段階を明示したのは、4つの帰属意識をもった人であれば残りの4つの資質についても、取り扱う問題に応じて「ローカル」から「グローバル」に優先順位をつけられると考えるからです。

言い換えると、世界で大人とみなされる資質の中で、「帰属意識」(=その集団のためを思って行動しようとする意識)が最も重要だということです。まず、日本人であれば、自分の住む地域や国だけでなく、アジアや世界に対する「帰属意識」が必要になります。解決しなければならない問題の多くが、日本だけでなく、アジアや世界にかかわるからです。たとえば、グローバル・シティズンなら、地球温暖化の問題を、ひとつの地域や国の利益を優先させて考えるのはおかしいと判断し、かつ、それぞれの地域や国の事情をいかに考慮するかも考えるはずです。地球・国・地域のすべてに「帰属意識」があるからです。
沖縄尚学の主権者教育=グローバル・シティズンシップ教育は以下のような学習をとおして、「帰属意識」「責任感」「政治参加の意欲」「批判的思考力」「公正を求める姿勢」を身につけていきます。

  • シティズンシップの基礎知識(シティズンシップとは何か・シティズンシップの4つの段階など)
  • ロジカル・シンキング(=論理的思考力)とクリティカル・シンキング(=当たり前や前提を疑う力)の養成
  • 代議制民主主義の仕組みと分析→主に国内の政治問題のチェックポイントを学ぶ
  • グローバル社会の特徴と問題点(国内秩序と国際秩序の違い)
  • ケース・スタディ(国際政治学や国際経済学の理論や考え方をふまえ、国際問題を理解し、分析する)

沖縄尚学ではこれまで、主権者教育の一環として、那覇青年会議所の協力のもと、知事選2回、国会議員選挙2回の模擬選挙を実施してきました。生徒たちは、争点となっている問題について事前学習したうえで、実際の立候補者の演説をきいて投票します。これからもそのような機会を増やしていきたいと考えています。