ノースシアトル大学と高大連携協定/Memorandum of Agreementを締結

2019.10.26

ノースシアトル大学と高大連携協定/Memorandum of Agreementを締結

2019年10月24日、本校とノースシアトル大学間で高大連携合意覚書(Memorandum of Agreement)が締結されました。ノースシアトル大学のウォレン・ブラウン学長、ピーター・ローツ副学長、本校の名城政次郎理事長、名城政一郎副理事長との間で合意覚書を署名、締結しました。

覚書では、本校とノースシアトル大学は、基礎および応用研究(学術研究)、教育実習、情報伝達の向上を目指したプログラムと活動などを行うことに合意、さらに両校は新しいパイロットプログラムを含む、協力事業を行うことに合意しました。このパイロットプログラムでは、本校の生徒は、TOEFLやIELTSなどを使用した通常の入学手順に加え、高校2年次の2学期から3年次の在学中にノースシアトル大学へ出願が可能であり、英検準一級以上取得者に対して入学が許可されることになりました。

 

名城理事長は、「両校で互いに、グローバル教育で成果を上げたいと思う」と述べました。ブラウン学長は、「沖縄尚学は、特別な学校で、今回協定を結べて光栄です。両学校のためにともに頑張っていきたい」と語りました。

ノースシアトル大学は、4年制大学への編入コース、準学士号コース、学士コース、職業訓練コース、高校卒業資格取得コース、英語コースが開講されています。世界57カ国から約400人の留学生が学んでいます。

ノースシアトル大学からは、ブラウン学長らに加え、国際部のアン・フォレスター部長、バーバー修子氏が参加しました。

今回の教育協定で、ノースシアトル大学は、沖縄尚学と海外提携をする、36番目の教育機関となりました。米国の4年制大学では8校目、コミュニティーカレッジとしても8校目になりました。   

 

前の記事 INDEX 次の記事