沖尚高卒業生の両親がマスク2000枚と中国料理などを本校に提供

2020.05.16

沖尚高卒業生の両親がマスク2000枚と中国料理などを本校に提供

 2020年4月30日に沖縄尚学生のコロナウィルス対策に役立てて欲しいと本校の卒業生林煜昭(りんいくあき)君の両親林彦(りんひこ)さんと林恵君(りんきくん)さんがマスク2000枚を本校に寄贈しました。また5月5日のこどもの日には、コロナウィルスの影響で親元に帰ることのできない、中国出身留学生10人に中国料理とケーキを提供しました。

 林彦さんは「中国がきついときに日本からマスクをいただき恩返しのつもりで今回マスクを寄贈しました。中国人も日本人もお互い助け合って困難を乗り越えることができればと思います」と語りました。

前の記事 INDEX