2019年度 IB国際バカロレア・ディプロマ 14名取得しました‼

2020.01.31

2019年度 IB国際バカロレア・ディプロマ 14名取得しました‼

 1月3日(金)、国際バカロレア機構(本部ジュネーブ)より最終スコアの発表があり、本校国際文化科学コースのIBDP(国際バカロレア ディプロマ・プログラム)履修生14名が国際バカロレア資格(大学入学資格)を取得しました。(一昨年度は5名、昨年度は17名取得)。

 IBDPは、世界共通の教育カリキュラムを2年間履修し、最終試験を経て所定の成績を収めると、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)が取得できるプログラムで、本校では日本語による科目履修も可能なDual Language Diploma「日本語DP」を実施しています。
 国際バカロレア資格を取得するためには、2年間のプログラムで、文学(日本語)、英語、数学、生物/化学、世界史、美術の中から6つの科目を選択し、それぞれ内部評価(オーラル試験・プレゼンテーション・小論文等)及び外部評価(PAPER試験・記述課題等)を経て、45点満点中、原則として24点以上必要で、さらに「コア」のTOK(知の理論)・EE(課題論文:英語は4000語、日本語は8000字以内)・CAS(創造性・活動・奉仕)が必修要件となります。

 今回、IBDPに果敢に挑戦した生徒たちは、本校のIBDPの4期生で、DPの様々な探究学習にクラス一丸となってアクティブに取り組み、11月には2週間にわたる最終試験を終え、14名が目標としていた国際バカロレア資格を取得することができました。平均スコアは29.0(満点:45)、DP取得率は93%でした。(参考:2019年11月試験の世界平均スコアは28.5、平均取得率は70.1%)

 14名のうち8名は既に、国際基督教大学、早稲田大学、上智大学(2名)、法政大学、立教大学、立命館アジア太平洋大学、大阪市立大学に合格しています。

前の記事 INDEX 次の記事