沖縄尚学高等学校・附属中学校のあゆみ

本校は、経営難に陥っていた私立沖縄高等学校を名城政次郎現理事長が、「たくましい進学校」沖縄尚学高等学校として再生させた1983年に誕生した。

第1期(1983~1991年)予備校型進学校

「たくましい進学校」を旗印に、東大をはじめとする旧帝大、早慶上智など難関私立および地元の琉球大学への合格者を増やすことが主目標。旧沖縄高校の施設が老朽化していたため、週3~4日、朝9時から予備校尚学院で授業。英数国理社の総合席次順による毎学期のクラス編成。1期生から大阪大学(経済)、東北大学(法)、北海道大学(工)に現役合格。4期生から国費制度を除く、沖縄戦後初の現役東京大学合格(理Ⅱ)。

第2期(1991年~2007年)人間力重視型進学校

バブル崩壊により、社会人に求められる資質が変化。新たな教育を模索。「学力と人間力をバランスよく伸ばす」ことを目標とする。人間力とは「どんな場面で困難に遭遇してもどうにか切り抜ける力」。「文武両道のたくましい進学校」を旗印に、柔道、野球、テニスなどを体育コースで教科。進学コースはコース制により志望大学別にクラス編成。難関コース、国公立文系コース、国公立理系コースなどに加え、国内外の大学のダブル合格を目指すカリキュラムを備えた国際文化学コースを2000年にスタート。

第3期(2007年~現在)グローバル進学校

1991年以降の本校における「学力と人間力のバランスのとれた教育システム」の完成へ。「グローバル社会で評価される文武両道のたくましい進学校」を旗印に、習得目標型授業、沖縄伝統空手道の必修化、国際バカロレアの導入など、日本だけでなく、グローバル社会で通用するグローバル・スタンダードを見据えた教育システムの構築へ。

昭和57年 名城政次郎氏(尚学院学院長)顧問就任
昭和58年 沖縄高等学校から沖縄尚学高等学校へ校名改称、“たくましい進学校”としてスタート
第1回入学式(高等学校)
昭和61年 旧帝大3人(北海道、東北、大阪)を含む、国公立大学30名合格
附属中学校開校
昭和62年 琉球大学医学部医学科19名合格(現役15名、既卒4名)【高校別合格者数最多】
琉球大学現役合格者数74名【高校別合格者数最多】
東京大学合格
昭和63年 東京大学現役合格【国費制度を除き、沖縄県戦後初】
平成元年 琉球大学合格者数143名【高校別合格者数最多】
平成3年 第13回全国高等学校柔道選手権大会(春の武道館)【優勝】沖縄県勢初

学校法人「尚学学園」設立認可(学校法人嘉数学園から分離)
琉球大学合格者数177名

平成8年 国公立大学合格者数237名
第71回選抜高等学校野球大会(春の甲子園)【優勝】沖縄県勢初
平成11年 「尚学グローバルネット(SGネット)」運用開始
平成12年 コース制を導入(高等学校)、国際文化科学コース設置
平成13年 同窓会サイト「SGmate」運用開始
東京大学3名合格
平成16年 旧帝大17名合格
平成17年 全日本通信珠算競技大会【団体優勝】
平成18年 沖縄県空手道連盟と協定を結び、沖縄空手を必修化
平成19年 尚学ボールパーク 開場
県外国公立大学現役合格者数61名【県内高校最多】
県外私立大学現役合格者数184名【県内高校最多】
海外大学現役合格者数21名【県内高校最多】
中学2年生が英検1級と国連英検A級にダブル合格
英語弁論大会(九州地区と県内主要5大会)制覇
平成20年 第80回選抜高等学校野球大会(春の甲子園)【優勝】9年ぶり2度目の全国制覇
平成21年 名城政一郎副理事長・副校長が米国の大学院で博士号(教育)を取得
医学科合格者数27名(国立大16名、私立大11名)
全国高校生英語スピーチコンテスト【文部科学大臣賞(最高賞)】沖縄県勢初
平成22年 高校生エッセイコンテスト【外務大臣奨励賞(最高賞)】
獨協大学主催全国高校生英語スピーチコンテスト【優勝】
ブリガム・ヤング大学ハワイ校全国英語スピーチコンテスト【優勝】
九州地区高校英語ディベート大会【優勝】
正規授業で空手の段位取得者(黒帯)が58名誕生
柔道ベルギー国際大会(20歳以下、女子48kg級)【優勝】
平成23年 名城政一郎副理事長が中学校長に就任
旧帝大17名合格【うち現役14名は、県内高校最多】
旧帝大7大学すべてに現役合格【県内高校で唯一】
自治医科大学沖縄県合格枠2名を本校現役生が独占(沖縄県で16年ぶり)
医学科合格者数28名(国立大18名、私立大9名、大学校1名)情報誌と本校集計による
平成24年 尚学グローバル寮が開寮
第11回亜細亜大学高校英語スピーチコンテスト【優勝】
第131回九州地区高等学校野球大会【優勝】
[高校]平成24年度に英検の級位を取得した人数
     2級130名【全国7位】、準1級10名【全国10位】
平成25年 高校3年生が国連英検(国際連合公用語英語検定試験)特A級に合格
全日本通信珠算競技大会(団体総合競技)中学生の部【優勝】
第133回九州地区高等学校秋季野球大会【優勝】
第44回明治神宮野球大会【優勝】沖縄県勢初、3度目の全国制覇
[高校]平成25年度に英検の級位を取得した人数
     2級151名【全国5位】、準1級12名【全国6位】
平成26年 第33回全九州珠算選手権大会 団体総合競技 高校一般の部【優勝】
団体総合競技 中学校の部【優勝】

第134回九州地区高等学校野球大会【優勝】
平成26年度全国高等学校総合体育大会 なぎなた団体【優勝】本校初の全国制覇
第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体テニス競技 少年女子【準優勝】
第37回全国選抜高校テニス大会九州地区大会 女子団体【優勝】2年連続、2度目
第37回全国選抜高校テニス大会 女子団体【準優勝】 女子個人シングル【3位】
[高校]平成26年度に英検の級位を取得した人数
     2級124名【全国14位】